営業車両をラッピングする効果

企業の営業車両をラッピングして自社の営業車や配送車両を広告媒体として使っている企業が多く見られるようになりました。大手企業に限らず中小企業も導入している広告媒体ですが、企業が導入する理由として考えられるのがそのメリットにあります。以前は車両に直接塗装していたのが車両専用のフィルムを営業車両に貼り付けるだけで完成する手軽さが企業が導入する一番大きな理由です。塗装に比べて環境にも優しく、経済的だということもメリットです。

車両をフィルムでラッピングすると企業ロゴや商品の写真なども簡単に載せることができます。フィルムを貼り付けているだけなので一定の期間で別の広告に貼りかえることも可能です。塗装のように塗り替えの手間もかからずコスト面でも低く抑えることができます。使用するフィルムも一見同じようなものですが車両用と看板用とで大きく機能が異なります。

車両用のものは一度貼ってから再び剥がすことができるような再剥離性を持っていて、剥がしたあとの車の塗装面にも優しいフィルムとなっています。営業車両の車両ラッピングに使用されるフィルムは価格的には看板に使用されるものよりも高価になりますが、看板用のものに比べると耐久性も色の発色性能もまったく異なります。価格だけで決めるのでなく車両ラッピングの目的が宣伝広告になることを考えれば、決して高くはないでしょう。自社の営業車両を活用するため広告の媒体費用もかからず、営業で周り取り引き先への良いアピールにもなります。

立体駐車場のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です