営業車両にラッピングする効果とは

営業車両に会社のロゴマークや取り扱っている商品を広告すれば、走る広告車として活躍させることができます。通常営業車というのは特殊な車ではなく、一般にも走っている、たとえば軽自動車だったり、ワゴンだったりするので、少し色合いを部分的に変えてみたりすると目立たせることができるようになります。このようなときに便利なのがラッピングです。様々なカラーの特殊フィルムを車のボディに貼ることで、簡単に部分的に色合いを変えることができます。

塗装よりもずっと簡単で剥がせば元に戻すことができるので、将来この営業車両を売却するときにも価値が下がることがありません。ワンポイントで色合いを変える簡単なものから、ボディ全体の色合いを変える大掛かりなものまで、ラッピングのデザインは自由自在です。また色合いを変えるだけでなく、写真や絵や文字なども好きなようにデザインしていくことができるのもラッピングの魅力です。塗装では写真のような細かな表現は不可能ですが、ラッピングでは可能です。

しかも同じデザインも何台もの営業車両に等しく施していくことができます。このような便利で効果の高いラッピング技術が日本に入ってきてからまだ間もないですが、これから徐々に広がっていくのではないかと予想されています。もちろん、営業車両だけでなく、イベント車や配送車、あるいは個人の車のオリジナルなボディカラーをすることもでき、その可能性は大きく広がっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です