デザインの自由度が魅力的な営業車両のラッピング

企業をPRする一つの方法として、人気があるのは営業車両のラッピングです。従業員が外回りをするときに、車体に自社の名前などが書かれた車両を使い街中を走ることによって、街ゆく人々にPRすることができます。通常業務と宣伝を同時に行えるので、非常に効率的なPR手法と言えるでしょう。営業車両のラッピングは直接車体に名前を書く塗装とは違い、デザインをインクジェットプリンタでプリントしたフィルムを、車体に貼り付けることによって可能になります。

フィルムを使うことによって塗装とは異なるメリットがいくつもあり、例えばデザインの自由度です。塗装だと描けるデザインには限りがあるので思い通りにできないこともありますが、ラッピングなら営業車両にフルカラーを実現できたり、パソコンのアプリを使い自作することもできます。またフィルムを剥がせばいつでも元に戻せるので、定期的にデザインを変更することも可能です。定期的にPRしたい商品やサービスのデザインに気軽に変えられるので、宣伝活動の自由度も上がるでしょう。

その他にも営業車両に自社のラッピングを施すことによって、運転マナーが向上するメリットもあります。自社の名前をラッピングした営業車両が、マナーの悪い運転や事故を起こすと企業の評判にも関わります。しかし会社の名前を背負った車を運転することにより運転する従業員の意識が向上し、マナーが向上すれば企業の評判にも繋げることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です