日本語教育には日本語検定が一番

子どもにとって言葉を学ぶという日本語教育はまず、親や身の回りの大人からになるでしょう。

そして学校に入り生活の大部分を占める重要な言語獲得の場として日本語を学びます。しかし子供が大人になった時「自分の日本語は大丈夫」と思っていても実際に他人にきちんと説明できるくらいに理解出来ているかというと、そうではない人が多いのではないでしょうか。今一度学んできた言葉と向き合う為にも日本語教育には、日本語検定が一番であります。

何故ならば普段私たちが何気なく使っている日本語でありますが、思わぬ勘違いや思い違いも多く見られます。

待望の日本語教育の検定が広く知れ渡ってきました。

日本語検定は、日本語を正しく使えるようになる為のお手本です。
では日本語検定とは、詳しくはどの様なものでしょうか。
良くある漢字表記や文章を作る上での文法、語彙力も試されます。しかしそれだけではなく相手の心を読んだり、心理的に求められる事も多いのです。



相手がこういう事を考えてる時に、自分がこの様な言葉を発したらどう思うだろうか?そこまで考えながら検定問題を解いていきます。
日本語としての基本的な言葉の理解力があり文字が書けても、言葉を伝える相手とのコミュニケーションも大事にしなければ会話として成立しないのです。

初めてそこで尊敬語や謙譲語といった相手を信頼してる上で使える文法も大きく関わってきます。

何気ない一言で相手への自分の印象が大きく変わるのだとしたら、やはり言葉の持つ力の大きさは計り知れないのです。



今一度日本語教育を見つめ直し、検定を通して日本語を学んでみるのも人としてのスキルアップの一つかもしれません。