日本語教師の資格要件の一つ

日本語教師の資格要件としては、大学で日本語教育を専門的に学び卒業する。

日本語教育能力検定試験に合格する。

日本語教師の資格についての情報を提供しています。

民間の日本語教師養成講座を420時間以上受講するなどのうち、一つ以上を満たすように努力することが必要になってきます。


日本語教師の採用基準の一つとなっている日本語教育能力検定試験に合格することは、大きなポイントとなっているのです。それはなぜかというとこの試験に合格しているということが、採用の条件となっている学校がほとんどだからです。



日本語教師はこの資格を持っていなければならないといった資格というものはありませんが、教師を採用する側から見るとこの試験の合格者は能力があるとみられるのです。
日本語教育を取り巻く環境は、大きく変化しつつあります。


学ぶ側の変化としては外国の人が日本語の能力を試すテスト日本語能力試験に加え、主に日本で大学に進学する人が受験する日本留学試験が施行されるようになりました。



教える側では国語学会が名称を日本語学会と改めたり、日本語教育能力検定試験が改定されたりしています。

この変化の背景には、多様な学習者に対応ができる多様な日本語教師の養成が求められていることが挙げられます。


今後の採用は、それぞれの機関が独自の判断で行っていくようになると考えられています。


そうすれば競争が起こり、労働条件も好転してきます。

その場合競争の中でも力を発揮できる技術を、常に磨いておくことが求められるようになるでしょう。