高血圧対策に効果的なサプリメントについて

高血圧症になると血管壁に血液による圧力がかかった状態が長い間持続するため、血管壁が厚くなってしまいます。血管壁が厚くなると、血管(動脈)の弾力性が失われて動脈硬化が進行し、心臓病や脳血管障害、腎臓病を招くリスクが高まってしまうので、健康診断などで高血圧気味であると診断されたときなどには、サプリメントで早めに対策をしておきましょう。
たとえば、血液循環がよくなると血管壁への負荷が小さくなって血圧が安定するので、高血圧対策には、血流を良くする効果のある成分が豊富なサプリメントを使用するのが有効です。

ALAのホームページをチェックしましょう。

血流をスムーズにする効果のある成分は、DHAとEPAが代表的です。



DHA、EPAは青魚に多く含まれている成分で、血管の細胞膜に働きかけて血管壁をしなやかにするとともに、血流を滞らせる原因となる血中のコレステロールを下げたり、血小板の凝集を抑制して血栓を予防したりする作用があるので、血流を滑らかにして血圧の上昇を抑える効果が期待できます。



また、納豆のネバネバに含まれるナットウキナーゼという成分には、血液中のコレステロール値を下げるとともに、血管内の血の塊(血栓)を溶かして血流をスムーズにする働きがあるので、高血圧対策に効果的です。


このように、高血圧対策には、血流をスムーズにするDHA、EPA、ナットウキナーゼなどが配合されているサプリメントを毎日服用するのが効果的です。

DHAとEPAが配合されたサプリメントは現在では多種多様な製品が販売されていますが、最近ではDHA、EPAに加えてナットウキナーゼが配合されている製品も発売されています。

また、将来動脈硬化が心配な方は、DHA、EPAとともに、動脈硬化を進行させる原因となる活性酸素を取り除く働きがあるアスタキサンチンが配合されたサプリメントをお勧めします。