日本語教育をするために検定は必要?

日本語教育というとなじみのない方が多いまもしれません。

日本語教育の検定の情報を調べてみましょう。

イメージとしては日本語を母国語としない学習者に日本語を教えるものです。

日本語教育は古くは留学生に日本の文化交流として日本語を教えたことから始まったと言われています。
日本語教育をする教員は国内の留学生向けの学校に勤めている方や、海外で日本語を教える学校に勤める方がいます。

日本語教育に関しては、420時間の養成講座を修了するか、日本語教育能力検定に合格するすることが一定の基準とされています。

教員を雇う側の学校が独自に基準を設けている場合が多いので、講座修了と検定合格の両方が必要な場合もありますし、教員経験があれば検定合格は必ずしも必要ない場合もあります。

ただし、管理職などになると検定合格が必要となる学校も多いですし、転職する際には教員の能力の証明にもなりますので教員であればいずれは必要になる可能性が高いです。
しかし海外の学校では日本語のネイティブが重宝される場合があるので、必ず検定が必要だということは少ないように感じます。



海外の場合は発展途上国での勤務も多いので、合格の有無よりも実践でいかに対応できるかなどの現場対応能力を問われる場合があるでしょいう。
現代では多くの日本の大学が留学生の受け入れ枠を設けていることから、海外から日本の大学を受験したい学生も増えました。
大学入試のために必要になる日本語のレベルまで日本語能力を引き上げることが必要な学生がほとんどですので、日本国内の日本語語学学校に留学し二年間日本語を学び入試を受けるケースが多いのです。

そのようなことから、語学学校の必要性があります。